動画の再生数をアップさせたくありませんか?映像制作の基本を学んでみよう!

いよいよ撮影開始!そして編集をしてみよう

この記事をシェアする

さあ撮影してみよう!そして編集作業へ

準備が整ったら、いよいよ撮影です。
1、絵コンテに合わせて必要なカットを撮影していこう
撮影は、固定カットなら 5 〜 10 秒程度、動きがあるものなら何十秒でも何分でもよいです。
いろんなパターンの画を撮っておきましょう。
その際のポイントとして、動きのある画を心がけるとよいでしょう。
時間はかかりますが、画のバリエーションは多ければ多いほど、その後の編集作業の時に役に立ちます。
絵コンテに縛られず、いろいろ試してみましょう。
2、イメージカットもいくつか撮っておこう
絵コンテで計画していたカット以外にも、イメージものをなるべく撮影しておくとよいです。
大体 5 〜 10 秒ぐらいの、スチールのように使える画を撮りましょう。
材料は多めに持っておくに越したことはありません。
3、サウンド系は別途録音しよう
画と音は別々に録っておいた方が、自分の望む動画に編集がしやすいです。

地道に作業を進めよう!編集作業の手順

必要な素材を撮り終えたら、いよいよ編集作業です。
絵コンテという設計図に合わせて組み立てていきましょう。
手順は次の通りです。
1、映像や音声素材をパソコンに取り込む
2、編集ソフトで切り取り、並べ替え、レイヤー処理をする
編集する時のポイントとして、ずっと同じ画というのは視聴する側にとってなかなか辛いものです。
ある程度 画を切り替えて見せるように工夫するとよいでしょう。
3、必要なエフェクトをかける
ムービーの編集ソフトをはじめて使うと、ついついたくさん使いたくなりますが、乱用すると伝えたいメッセージがぼやけてしまうことがあります。
一番伝えたいメッセージにフォーカスして、シンプルにまとめることを心がけましょう。