動画の再生数をアップさせたくありませんか?映像制作の基本を学んでみよう!

さあ!できあがった動画をアップロードして一般公開しよう

この記事をシェアする

動画をアップロード、そして一般公開しよう

いよいよ動画をネットにアップロード。
一般公開をします。
その際、注意すべきポイントをご紹介します。
効果的なサムネイルやタイトルを考えて、より多くの視聴者に見てもらえるような動画を作りましょう。
1、興味を惹きつけるタイトルやサムネイルを
動画をアップロードする際は、サムネイルされる絵を選ぶことができます。
「この動画で見られるのはこういう内容ですよ」というメッセージが伝わるタイトルや画像を選んで、視聴者にクリックしてもらうようにしましょう。
2、説明文は簡潔かつ丁寧に書こう
動画の説明文には、必ず「記事タイトル」と「 URL 」を入れて、最初の 30 文字でどんな内容か分かるようにしましょう。
3、タグも必ず入れよう
タグは説明文同様、検索して見つけてもらう上でとても必要な項目です。
自分の動画コンテンツをもっとも表しているキーワードは必ず入れましょう。

動画作成はまずやりはじめることが肝心

動画作成で注意を払いたいポイントはまだ他にもあります。
1、動画の精度を保ちつつ、早めにアップロードしよう
動画編集は文章を書くのと同じぐらい時間のかかるもの。
それでもやはり鮮度が命です。
なるべく早くに制作してアップロードをしていきましょう。
2、長すぎる動画は嫌われる
よほど興味を惹きつける内容でない限り、長い動画は視聴者に嫌われます。
撮影や編集をする自分自身にとってもかなりの労力になるので、配信し続けることが困難になります。
編集動画は3分以内でまとめましょう。
3、動画のサウンドイメージを決めておこう
動画をどんなメージにしたいのかによって、使うBGMは変わってきます。
コミカルな雰囲気?それとも臨場感あふれるもの?はたまた癒し系?
あらかじめ自分の動画のサウンドイメージを考えておきましょう。
4、とにかく作ってみよう
試行錯誤していくうちに動画作成は上手になります。まずは、やりはじめることが肝心です。