動画の再生数アップを図るなら映像制作の基本を学ぼう

動画の再生数をアップさせたくありませんか?映像制作の基本を学んでみよう!

ちょっと待った!撮影する前に準備するものと考えること

年々、老眼のせいもあって本を読むのが億劫になってきた。
そんな私が、読書に代わって最近ハマっている趣味がある。
それは「ネットにアップされている動画を見ること」だ。
それなら動画ではなくて、テレビを見ればよいではないか?と思うかもしれないが、テレビではなく、ネットの動画だからこその利点がある。
まず、第一に、動画はテレビと違って「検索」ができるところが気に入っている。
自分の興味の赴くままに検索をしていると、どんどん面白そうな動画のタイトルが出てくる。
それらを見ていると、あっという間に1~2時間など潰れてしまう。(そうなると、もはや利点ではなくなるかもしれないが)
また、テレビだと録画をしておかないと好きな時間に見ることができないが、その点、動画なら自分の都合のよい時間帯にいつでも見ることができる。
そして、なんといっても動画の最大の特徴は、私のような一視聴者が娯楽として楽しむことができるだけでなく、動画を発信する側にも比較的簡単になれるという所にあるだろう。
テレビ番組の制作者や出演者になることはなかなかハードルが高いが、動画を撮影して、世の中に公開することが、とてもやりやすい時代となった。
動画に工夫を凝らし、視聴者数を増やせば、アフィリエイトで稼ぐことも夢ではない。
今回は、動画を作って再生数をあげたい人の為に、映像制作の基本を紹介したいと思う。
この記事も、いきなり文章を書きだすのではなく、書く前には構成を考えるところからはじまっている。
動画作成の手順も同じだ。道具を用意し、構想を練り、撮影、編集、公開といった手順を踏む。
ひとつひとつの工程を丁寧に説明していこう。